エックスサーバー株式会社 採用サイト

人を知る

03 ホスティング事業部 デザイン課 課長 日下部祐

2015年現在で入社7年目。
開発部デザイン課の課長という立場で、デザイン部門の業務管理を行っています。
以前は自身もデザイン制作を行っていましたが、今はその殆どをスタッフに任せ、
業務とそのクオリティの管理、業務環境の改善などに努めています。

イメージ

デザイナーが1人という環境からのスタート

大学時代に、ネットの友人たちとのコミュニティサイトを独学で制作したのが、ウェブ業界へ進み始めたきっかけです。

その後、専門学校でウェブデザインを学び、DTPデザインオフィスを一度経験した後、どんな形であれデザインの仕事がしたいという思いが強かったのと、レンタルサーバーへの興味などから、デザイン制作オフィスでは無いものの当社への入社を決めました。

入社後、最も驚いたのは、「デザイナーが自分一人!」だったことですね。
二人目のデザイナーが定着するまで、凡そ4年近くかかるのですが、 実務未経験だったこともあり、業務を定着させるのに本当に苦労しました。
ただ、自分の意見やアイデアが存分に反映されていくところには大きくやりがいを感じていました。

今は、一定数のスタッフを抱えるチームとなりましたが、どういったものを提供することが最適解に近いのか、常に模索しながら制作しています。

2つの視点から目指す最適なアウトプット

デザイン制作の場では、やはりユーザーにとって最適なものとは何かを第一に考えながらクオリティチェックをしています。
分かりやすい内容になっているか、伝えたいことが適切に理解される形になっているか等といったことを最優先に考えながら、プラスアルファで提案していけないか模索しながら制作を行います。

部門の管理業務を行う上では、スタッフにより良い制作環境を提供していくことを第一に考えています。
より良いアウトプットをしてもらうためには、より良い環境下で制作に当たってもらいたいと思っていますし、自分はなるべく制作の現場に居るスタッフに近い存在でありたいと思っています。
より良いメンタルを保ってもらうために、スタッフが何に悩み、どういうことを考え、今後どうしていくか、といったことを共有する機会も個々に設けたりもしています。

イメージ

新事業へ向けた体制づくりと求める人物像

今後、当社はレンタルサーバー事業を基盤に、新たな事業へとどんどん挑戦していきますし、スマホ等のモバイル利用が当たり前となっていること、サービスがよりライトな形で利用できるようになってきている中、デザイン求められてきていることも増えてきており、より一層デザイナーの活躍の場は増えてくることかと思います。
チームを拡大し、より多くのことに着手し、取り組んでいける体制を整えていきたいですね。

当社のデザイン業務においては、決まったルーチンワークは少ないですし、常に各スタッフが主体的に判断し、提案していく姿勢が求められます。
技術的には、全くの未経験からというのは難しいかもしれませんが、何より一番大事な部分として、問題解決への意識が高い方と一緒に働きたいですね。

イメージ